PostfixのIPv6に関する警告メッセージ

mailqコマンドやPostfix再起動等を実行するたびに、IPv6をサポートしていないという旨の メッセージがでてしまう。
■PostfixのIPv6に関する警告メッセージ
・maiqコマンド実行時の警告メッセージ
# mailq
mailq: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
mailq: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only
postqueue: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
postqueue: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only
Mail queue is empty

・postmapコマンド実行時の警告メッセージ
# postmap /etc/postfix/accepted_domains
postmap: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
postmap: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only"


PostfixのIPv6に関する警告メッセージの対処方法
[inet_protocols]のデフォルトが[all]となっているため、IPv6も有効な状態であるが、サポートしていないため 警告メッセージがでている。[inet_protocols]の値を[ipv4]に絞ることで警告メッセージは消えます。
 # vi /etc/postfix/main.cf
  #inet_protocols = all   #変更前
  inet_protocols = ipv4   #変更後



Google+