RHEL6にphp-mbstringとphp-develをインストールする

RedHat6では php-mbstring パッケージおよびphp-develパッケージはオプションレポジトリ(rhel-x86_64-server-optional-6)に あるため、明示的にレポジトリを追加しないとインストールできません。



「rhel-x86_64-server-optional-6」リポジトリの有効/無効確認
「rhel-x86_64-server-optional-6」リポジトリはデフォルトで無効となっている。
# yum repolist all |grep rhel-6-server-optional-rpms
rhel-6-server-optional-rpms                  Red Hat Enterpr disabled


「rhel-x86_64-server-optional-6」の有効化
「rhel-x86_64-server-optional-6」の有効化するには、コマンドで変更する方法と/etc/yum.repos.d/redhat.repo を編集する方法がある。


yum-config-managerコマンドによる有効化
 
# yum-config-manager --enable rhel-6-server-optional-rpms
※上記コマンドで/etc/yum.repos.d/redhat.repoファイルが修正される。
※ RHEL 6.1 以降、RHN の管理方法として Red Hat Subscription Manager が導入されております。
 旧来の rhn-channel コマンドではなく、RHSM ベースのyum-config-managerコマンドへ変更されています。
 旧方式: # rhn-channel --add --channel=rhel-x86_64-server-optional-6



/etc/yum.repos.d/redhat.repo修正による有効化
# vi /etc/yum.repos.d/redhat.repo
[rhel-6-server-optional-rpms]
name = Red Hat Enterprise Linux 6 Server - Optional (RPMs)
baseurl = https://cdn.redhat.com/content/dist/rhel/server/6/$releasever/$basearch/optional/os
enabled = 1        <---1に修正
gpgcheck = 1
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-redhat-release
sslverify = 1
sslcacert = /etc/rhsm/ca/redhat-uep.pem
sslclientkey = /etc/pki/entitlement/33501436423388-key.pem
sslclientcert = /etc/pki/entitlement/33501436423388.pem
metadata_expire = 86400





[インフラエンジニア教本 ~ネットワーク構築技術解説]の書籍横断比較とレビュー

インフラエンジニア教本 ~ネットワーク構築技術解説
著者:
出版日:2014-12-05
出版社:技術評論社

[小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識]の書籍横断比較とレビュー

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識
著者:中島 能和
出版日:2014-08-22
出版社:ソシム




Google+