両ノードのCluster.confのバージョンNoの違いによるエラー

両ノードのCluster.confのバージョンNoが異なると、Cmanが起動しない。
そのため、Pacemaker起動時にCmanが起動しないため下記警告メッセージがでる。


Pacemaker起動のエラーメッセージ
# /etc/init.d/pacemaker start
 Starting cman... cman_tool: Cannot open connection to cman, is it running ? Check cluster logs for details
                                                         [失敗]


Pacemaker停止のエラーメッセージ
# /etc/init.d/pacemaker stop
non-option ARGV-elements: standby
Could not establish cib_rw connection: Connection refused (111)
Error signing on to the CIB service: Transport endpoint is not connected
Waiting for shutdown of managed resources使用法: grep [オプション]‥‥ 文字列パターン [ファイル]‥‥
詳しくは`grep --help'を実行してください。
Could not establish cib_rw connection: Connection refused (111)
Error signing on to the CIB service: Transport endpoint is not connected


両ノードの/etc/cluster/cluster.confのバージョンNoが異なることが原因であるため、 両ノードのバージョン番号をそろえる必要がある。
Cluster.confの編集
# vi /etc/cluster/cluster.conf

DRBD構築の関連記事

Pacemaker + DRBD構築【記事一覧】



Google+