片系に障害が発生すると、正常なサーバのGFS2も利用できなくなる

2台のサーバからGFS2ファイルシステムをマウントしている環境で、片系に障害が発生すると、正常なサーバ側からもGFS2ファイルシステムが利用できなくなる。

片系ダウン時にGFS2ファイルシステムが利用できなくなる理由
ファイルシステムのメタデータ書き換え処理の書き換え中に電源断や処理中断が発生した場合、 ファイル構成情報に矛盾が発生し、最悪データへのアクセスが不可能となってしまう。


GFS2ファイルシステムを継続利用する設定
GFS2ファイルシステムのジャーナリングを有効にすることで、正常サーバ側では ファイル構成情報に矛盾が発生することなく、修復することで継続的にGFS2ファイルシステムにアクセスができようになります。

・GFS2のジャーナリングを有効する

# gfs2_tool setflag jdata /data

※上記実行以降に作成されるディレクトリ&ファイルはジャーナリングが有効となる。 上記コマンドを実行後に作成されたディレクトリやファイルはジャーナリングが有効であるが、すでにあるファイルやディレクトリはジャーナリングが有効となっていないません。 そのためすでにあるディレクトリやファイルは、tarなどでバックアップした後、一旦すべてのファイルとディレクトリを削除する。その後リストアする。

DRBD構築の関連記事

Pacemaker + DRBD構築【記事一覧】



Google+