Pacemaker(デュアルプライマリ)環境で1ノード時でも稼働させる

Pacemaker+DRBD+GFS2構成で、デュアルプライマリを実現した環境で、冗長構成うち1ノードを停止させると、すべてのサービスが停止します。
これは、デフォルト設定では、稼動ノード数が2以下になると強制停止させるため、常に2ノードが稼動していなければなりません。
1ノードで稼動できるように手順を記述します。

DRBD (Primary/Primary) + GFS2で1ノード稼働を可能にする手順
DRBD (Primary/Primary) + GFS2で1ノード稼働を可能にする手順の概要
 ・Quorumが2になっているため、2台以下になった場合、強制停止される。
 ・Quorumを1にする必要がある。
 
  ・/etc/cluster/cluster.confに「cman two_node="1" expected_votes="1"」を追加

<cluster name="drbd_cluster" config_version="6">
<cman two_node="1" expected_votes="1">
</cman>


・設定を反映するためのOS再起動

# reboot


・反映を確認

# cman_tool status
Version: 6.2.0
Config Version: 2
Cluster Name: my-cluster
Cluster Id: 25554
Cluster Member: Yes
Cluster Generation: 748
Membership state: Cluster-Member
Nodes: 2
Expected votes: 1
Total votes: 2
Node votes: 1
Quorum: 1
Active subsystems: 8
Flags: 2node
Ports Bound: 0
Node name: img-server02-rep Node ID: 2
Multicast addresses: 239.192.99.54 239.192.99.55
Node addresses: 192.168.4.72 192.168.200.72




DRBD構築の関連記事

Pacemaker + DRBD構築【記事一覧】



Google+