FTP接続後のディレクトリ・ファイルの一覧表示ができない

FTP接続後のディレクトリ・ファイルの一覧表示ができない事象が発生し、データ転送ポートの接続が できないこと疑ったが、パッシブモード、アクティブモードどちらでも表示しない。
もしろんFWポリシー設定は適切に設定済み

◆発生環境
・FTPサーバ:Proftpd
・クライアントFTP:FFFTP

◆エラーメッセージ1

コマンドが受け付けられません.
ファイル一覧の取得を中止しました.
ファイル一覧の取得に失敗しました.


◆エラーメッセージ2

425 Unable to build data connection: Connection timed out



「ディレクトリ・ファイルの一覧表示ができない」原因

RFC3659で定義されたMLSDコマンドの解釈の違いで、「ディレクトリ・ファイルの一覧表示ができない」 事象が発生する。

「ディレクトリ・ファイルの一覧表示ができない」対応策

「ディレクトリ・ファイルの一覧表示ができない」場合の対応策として、サーバ側の対応方法と クライアント側の対応方法の2つある。

サーバ側(Proftpd) の対応方法
proftpdはクライアント側から明示的に古い仕様のコマンド(LIST/NLST)を使う旨の指示が無いと、新しいMLSD/MLSTコマンドを使おうとする ので、強制的に古い仕様のコマンド(LIST/NLST)を使うようにする。
proftpd.confに下記記述を追記

<IfModule mod_facts.c>
FactsAdvertise off
</IfModule>



クライアント側(FFFTP) の対応方法
接続先FTPサーバが管理下にない場合は、クライアント側で対応せざる得ない。
クライアント側(FFFTP)でMLSDコマンドを使わないようにする手順は下記の通りです。

「ホストの設定」の「高度」タブの「可能であればMLSDコマンドで一覧を取得」のチェックマークを外し 「LISTコマンドでファイル一覧を取得」のみにチェック。

※デフォルトでは、「可能であればMLSDコマンドで一覧を取得」にチェックが入っている


ただし、Proxy経由の場合に発生し、直接Proftpにアクセスできる環境では発生しませんでした。


[たった2日でわかるLinux―Cent OS 6.4対応]の書籍横断比較とレビュー

たった2日でわかるLinux―Cent OS 6.4対応
著者:中島 能和
出版日:2013-06
出版社:秀和システム

[CentOS 6徹底活用ガイド―インターネットOSを最強アプリで使いこなそう!]の書籍横断比較とレビュー

CentOS 6徹底活用ガイド―インターネットOSを最強アプリで使いこなそう!
著者:恒川 裕康
出版日:2012-12
出版社:秀和システム




Google+