mailコマンドで受信したメールを任意のアドレスに転送する

自動メール転送についての設定方法は、インターネット上にごろごろしていますが、 受信したメールを確認し、その内容のみを転送する方法が分からなかったので調べてみました。

SSL証明書発行時など、webmaster宛に届いたメールを転送するときに役に立ちます。

mailコマンドでメッセージを確認
※CentOS5以上の環境

$mail
Heirloom Mail version 12.4 7/29/08. Type ? for help.
"/var/spool/mail/root": 8 messages 7 new 1 unread
U 1 user@localhost.local Tue Jun 26 03:30 214/12754 "[abrt] full"
U 2 user@localhost.local Tue Jun 26 19:37 214/12710 "[abrt] full"
U 3 user@localhost.local Thu Jul 5 14:51 214/12710 "[abrt] full"
U 4 user@localhost.local Thu Jul 5 15:15 214/12710 "[abrt] full"
U 5 user@localhost.local Thu Jul 5 15:27 214/12724 "[abrt] full"
U 6 Cron Daemon Thu Jul 5 23:53 22/851 "Cron root@dev-mig"
U 7 user@localhost.local Fri Jul 13 18:48 214/12724 "[abrt] full"
>N 8 user@localhost.local Tue Sep 4 11:04 213/12714 "[abrt] full"


転送するメッセージを開く
※先ほどのmailコマンドの対話モードの続き。
※メッセージ6を開示

& 6
Message 6:
From root@dev-migration01.localdomain Thu Jul 5 23:53:01 2012
Return-Path:
X-Original-To: root
Delivered-To: root@dev-migration01.localdomain
From: root@dev-migration01.localdomain (Cron Daemon)
To: root@dev-migration01.localdomain
Subject: Cron /usr/lib64/sa/sa2 -A
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Auto-Submitted: auto-generated
X-Cron-Env:
X-Cron-Env:
X-Cron-Env:
X-Cron-Env:
X-Cron-Env:
Date: Thu, 5 Jul 2012 23:53:01 +0900 (JST)
Status: RO

Invalid system activity file: /var/log/sa//sa05


対話モードのforwardコマンドで転送メールアドレスを指定する
※先ほどのmailコマンドの対話モードの続き。

& forward mailtest@test.com
To: mailtest@test.com
Subject: Fwd: Cron /usr/lib64/sa/sa2 -A

-------- Original Message --------
From: root@dev-migration01.localdomain (Cron Daemon)
To: root@dev-migration01.localdomain
Subject: Cron /usr/lib64/sa/sa2 -A
Date: Thu, 5 Jul 2012 23:53:01 +0900 (JST)

Invalid system activity file: /var/log/sa//sa05

.
EOF

※[.]を入力しメールボディ終了を示すことでメールが転送される。
これで直前に開いたメールが転送される。
※赤字が入力内容


CentOS/RedhatEnterpriseLinuxのおすすめ書籍

CentOS徹底入門 第3版

CentOS徹底入門 第3版
著者:中島 能和
出版日:2012-03-09

CentOS 6で作るネットワークサーバ構築ガイド

CentOS 6で作るネットワークサーバ構築ガイド
著者:サーバ構築研究会
出版日:2012-02




Google+