文字コード変換

Linuxで文字コードを変換するコマンド「iconv」と「nkf」を紹介します。

「iconv」コマンドによる文字コード変換

[書式]
iconv -f 変換元コード -t 変換先コード

「iconv」による文字コードをEUC-JPからJIS(ISO-2022-JP)へ変換

# iconv -f euc-jp -t ISO-2022-JP < $EUC > $JIS


「iconv」による文字コードをUTF8からJIS(ISO-2022-JP)へ変換

# iconv -f utf8 -t ISO-2022-JP <$UTF8 > $JIS

※全角の「-」は変換エラーとなるので、注意!!
 [例]iconv: 位置 ??? で不正な入力シーケンスがありました

「nkf」コマンドによる文字コード変換

[書式]
nkf [オプション] [変更前ファイル名] > [変更後ファイル名]
・nkfオプション

-j JISコードを出力する。(デフォルト)
-e EUCコードを出力する。
-s シフトJISコードを出力する。
-w -w8[0] -w16[BL][0] Unicode を出力する。
-w -w80 UTF8コードを出力する。(BOM無し)
-w8 UTF8コードを出力する。
-w16 -w16B0 UTF16コードを出力する。(Big Endian / BOM無し)
-w16B UTF16コードを出力する。(Big Endian / BOM有り)
-w16L UTF16コードを出力す る。 (Little Endian / BOM有り)
-w16L0 UTF16コードを出力する。(Little Endian / BOM無し)


「nkf」による改行コードの変換
[書式]
nkf -Lu [変換したいファイル名] > [出力先のファイル名]
※このまま実行すると文字コードがJISコードになってしまう。
・文字コードをUTF8として改行コードを変更する場合は
nkf -Luw [変換したいファイル名] > [出力先のファイル名]


「nkf」によるファイルの改行コードを確認する方法
[書式]
nkf -g [ファイル名]


スキルアップするための実験環境

インフラエンジニアがスキルアップするには、本を読むだけでは限界があります。
実際にコマンドを打ち、サーバーを構築することが一番のスキルアップの早道であると思います。
個人的にインフラ実験環境を手に入れるには、やはり安価であることが条件となります。

■安価に借りられるVPS
月額ワンコインで借りられる格安VPS(ABLENET,ServersMan@VPS)
1000円以内で借りられるLinuxVPS(ABLENET,ServersMan@VPS,さくらVPSなど)

ASP.NETが使える格安WindowsVPS(ABLENET,GMOクラウドVPS,VirtualWeb)





[インフラエンジニア教本 ~ネットワーク構築技術解説]の書籍横断比較とレビュー

インフラエンジニア教本 ~ネットワーク構築技術解説
著者:
出版日:2014-12-05
出版社:技術評論社

[小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識]の書籍横断比較とレビュー

小さな会社の新米サーバー/インフラ担当者のためのLinuxの常識
著者:中島 能和
出版日:2014-08-22
出版社:ソシム




Google+