仮想マシンをクローンで作成すると不要なデバイスが認識される

Vmware(ESXi)の仮想マシンをクローンで作成するとすると、旧環境のネットワークデバイスを自動でバックアップしてくれます。 しかしこのバックアップされたネットワークデバイスが、neatアプリで誤検知し、不要なデバイスであるにも関わらず認識されるてしまいます。

ここでは、不要なネットワークデバイスを削除する手順(GUI)を説明します。

・neatアプリを起動

# neat


・「プロフィール」のチェックを外すと、「削除」アイコンが有効になるので、そのまま「削除」をクリック
Image [2]
・確認のダイアログが起動するので、削除するデバイスであることを確認し、「はい」をクリック
・同様に不要なデバイスを削除し終わったら、メニューの「ファイル」から「保存」をクリック
・保存完了のメッセージがでるので、「OK」をクリック
・ネットワークを再起動する
コマンドプロンプトに戻り、ネットワークを再起動する。

# service network restart



※注意事項

neatアプリでネットワーク設定をする場合、ホスト名が書き換わってしまうことがあります。
「DNS」タブのホスト名が正しいか確認した上で、設定を保存しましょう。

Image [5]


※参考情報

neatアプリ、(neat-tuiコマンド)の実行は、「/etc/sysconfig/networking/devices/」という ディレクトリ配下のファイルを読み込み、GUI ツールに表示されます。
/etc/sysconfig/networking/devices/ 配下の不要なネットワーク設定ファイルを削除することで、neatコマンドから不要なデバイスが消えます。

※RHEL6 (CentOS6)にて、neat-tui コマンドは提供されておらず、 system-config-network というツールに代わりました。


Vmware ESXiのおすすめ書籍

[VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応]のEC横断比較とレビュー

VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応
著者:ヴイエムウェア株式会社
出版日:2012-11-13

[VMware vSphere 構築・運用レシピ]のEC横断比較とレビュー

VMware vSphere 構築・運用レシピ
著者:工藤 真臣
出版日:2012-11-15


[VMware設計・構築・運用プロフェッショナルガイド]のEC横断比較とレビュー

VMware設計・構築・運用プロフェッショナルガイド
著者:遠山 洋平
出版日:2013-03

[できるPRO VMware vSphere 5 (できるPROシリーズ)]のEC横断比較とレビュー

できるPRO VMware vSphere 5 (できるPROシリーズ)
著者:大久保 健一
出版日:2012-05-08


仮想化技術に関するおすすめ書籍

Google+