64ビット版と32ビット版の同一名パッケージを削除する方法

64ビットのOSをインストールした場合、同一名のパッケージがインストールされていることがある。
64ビット版と32ビット版のパッケージが同一のため通常使うrpmオプション(-e)するとエラーになってしまいます。

# rpm -qa|grep postgre
postgresql-libs-8.1.23-1.el5_7.2
postgresql-libs-8.1.23-1.el5_7.2
エラー: "postgresql-libs-8.1.23-1.el5_7.2" は複数のパッケージを指定しています



上記のようにエラーがでた場合は、下記のように [--allmatches]オプションを使うことで、削除ができます。

# rpm -e --allmatches postgresql-libs-8.1.23-1.el5_7.2

※依存関係のエラーがでますが、ここでは同一名パッケージの削除ということで、割愛します。




Linux関連

サーバエンジニアのおすすめ書籍
HA構築のおすすめ書籍
DRBDのおすすめ書籍


IT資格関連

【情報セキュリティスペシャリスト】を自宅で学ぶ
【情報セキュリティスペシャリスト】おすすめ書籍
【情報セキュリティスペシャリスト】おすすめ書籍 その2
【ネットワークスペシャリスト】おすすめ書籍
【ネットワークスペシャリスト】おすすめ書籍2


Google+