yum updateを実行しても、最新のパッケージに更新できない。



最新のパッケージに更新できない現象
yum updateを実行後、一台のサーバを除いて以下のようにredhat-releaseの値が5.5から5.6へあがった。

# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.6 (Final)



しかし問題の一台のサーバでは、以下のように5.5のまま。

# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.5 (Final)




最新のパッケージに更新できない現象の調査
/etc/redhat-releaseをアップデートするパッケージは、 centos-release(redhat-release-5Server)ですが、このパッケージの最新バージョンを見つけることができていない状態だったようです。
(古いキャッシュを見ているのでしょうか?)

※/etc/redhat-release のバージョン情報はあくまで表記上だけであり、システムにおいて特にそれ以上の意味を持たないそうです。


そこでyumキャッシュが原因ではないかと思い以下のことを確認しました。

# yum list|grep release
centos-release.x86_64 10:5-5.el5.centos installed
centos-release-notes.x86_64 5.5-0 installed
rpmforge-release.x86_64 0.5.2-2.el5.rf installed


キャッシュをクリアする前は、centos-releaseの最新バージョンが5.5であり5.6が見えていませんでした。


以下のようにキャッシュをクリアしたところ、centos-releaseの最新バージョン5.6が現れました。

# yum clean all
Loaded plugins: fastestmirror
Cleaning up Everything
Cleaning up list of fastest mirrors
# yum list|grep release
centos-release.x86_64 10:5-5.el5.centos installed
centos-release-notes.x86_64 5.5-0 installed
rpmforge-release.x86_64 0.5.2-2.el5.rf installed
centos-release.x86_64 10:5-6.el5.centos.1 base
centos-release-notes.x86_64 5.6-0 base




Yumキャッシュクリア後、再度yum updateを実行したら、アップデートされ解決しました。




Linux関連

サーバエンジニアのおすすめ書籍
HA構築のおすすめ書籍
DRBDのおすすめ書籍


IT資格関連

【情報セキュリティスペシャリスト】を自宅で学ぶ
【情報セキュリティスペシャリスト】おすすめ書籍
【情報セキュリティスペシャリスト】おすすめ書籍 その2
【ネットワークスペシャリスト】おすすめ書籍
【ネットワークスペシャリスト】おすすめ書籍2


Google+