OS起動時に静的ルーティングを有効にする


OS起動時にも静的ルーティングを有効にする方法は2つある。

■「/etc/sysconfig/static-routes」を編集する

書式:デバイス名(any,eth0.) net アドレス netmask サブマスク gw ゲートウェイ
具体例:any net 172.20.2.0 netmask 255.255.255.0 gw 172.18.50.252
any net 192.168.0.0 netmask 255.255.248.0 gw 172.18.50.250



■「/etc/sysconfig/network-script/route-eth[x]」を編集する
下記ファイルにルーティング情報を記述するとOS起動時(network起動時)に静的ルーティングを追加される。
/etc/sysconfig/network-script/route-eth[x] ファイルにルーティング情報を記述する。
bondingの場合は/etc/sysconfig/network-script/route-bond[x]ファイルとなる。

書式:接続先 via ゲートウェイ
具体例:192.168.3.0/24 via 192.168.1.1





Google+