ntpdが落ちる



●現象
ntpd は、参照した NTP サーバと現在のカーネルクロックの差異が 1000秒 より大きい場合には、メッセージを吐いて 終了してしまう。

・エラーログ(/var/log/messages)

Mar 26 13:48:18 svwb-s01 ntpd[4074]: time correction of 35996 seconds exceeds sanity limit (1000); set clock manually to the correct UTC time."




●1000 秒以上の開きがあっても ntpd を停止させないようにする
ntpd起動時に-gオプションを付けて起動することで1000 秒以上の開きがあっても ntpd を停止することはなくなる。


・確認
以下のコマンドでオプション-gがついている事を確認する。

# ps aux|grep ntp
ntp 32580 0.0 0.1 19188 4884 ? SLs 12:45 0:00 ntpd -x -u ntp:ntp -p /var/run/ntpd.pid -g
root 32645 0.0 0.0 65360 820 pts/0 R+ 12:46 0:00 grep ntp



カーネルクロックとハードウェアクロックのずれを確認

# hwclock --show ;date






サーバエンジニアにお奨めする書籍



サーバ/インフラエンジニア養成読本

サーバ/インフラエンジニア養成読本 [現場で役立つ知恵と知識が満載!] (Software Design plus)

新品価格
¥1,974から
(2011/5/7 17:51時点)







お奨め書籍




Google+